Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全町民の個人情報含む定額給付金用PCが役所内で所在不明に - 京都府笠置町

京都府笠置町において、個人情報が保存されたパソコン1台の紛失が発生した。全町民1808人分の情報が含まれていたと見られている。

被害に遭ったパソコンは、定額給付金に関連した作業を行うための専用端末で、支給対象者の氏名、住所、金融機関の口座番号などが保存されていた。8月6日に紛失が発覚したもので、役所内の電算室において所在がわからなくなったという。

同町では盗難の可能性が高いとして、警察へ被害届を提出。また二時被害のおそれがあるとして、外部からの不審な連絡などがあった場合には役場へ問い合わせるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ