Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客リストの保管状況確認が行き違いで所在不明に - 東京ガス関連会社

東京ガスの委託先である東京ガスライフバル千葉において、顧客情報が記載されたリストが所在不明になっていることがわかった。

営業活動における顧客訪問用に作成されたリスト2枚を、同社稲毛店で紛失したもの。同リストには、千葉市稲毛区内の100世帯分の顧客情報が記載されており、氏名、住所、電話番号、顧客番号などが含まれる。8月10日に作業の準備をするためにリストを確認しようとしたところ紛失へ気がついた。

同社では顧客リストの保管状況について確認作業を実施していたが、担当する従業員が勘違いして7月16日に不在だった上司の机の上にリスト提出。上司も提出を把握しておらず、その後の所在がわからないという。

同社では、書類を持ち出しておらず、ほかの書類とともに事務所内で紛失した可能性が高いとし、外部への流出や不正使用なども確認されていないと説明している。また警察へ紛失届を提出し、対象となる顧客に対して事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府