Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客リストの保管状況確認が行き違いで所在不明に - 東京ガス関連会社

東京ガスの委託先である東京ガスライフバル千葉において、顧客情報が記載されたリストが所在不明になっていることがわかった。

営業活動における顧客訪問用に作成されたリスト2枚を、同社稲毛店で紛失したもの。同リストには、千葉市稲毛区内の100世帯分の顧客情報が記載されており、氏名、住所、電話番号、顧客番号などが含まれる。8月10日に作業の準備をするためにリストを確認しようとしたところ紛失へ気がついた。

同社では顧客リストの保管状況について確認作業を実施していたが、担当する従業員が勘違いして7月16日に不在だった上司の机の上にリスト提出。上司も提出を把握しておらず、その後の所在がわからないという。

同社では、書類を持ち出しておらず、ほかの書類とともに事務所内で紛失した可能性が高いとし、外部への流出や不正使用なども確認されていないと説明している。また警察へ紛失届を提出し、対象となる顧客に対して事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市