Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む携帯電話を一時紛失、遺失物として届けられ回収 - ウッドフレンズ

不動産事業を展開するウッドフレンズにおいて、一時業務用携帯電話の紛失事故が発生した。

個人情報を保存した携帯電話を、同社従業員が名古屋市内で8月7日に紛失したもの。携帯電話には取引先に関する2件の情報やグループ会社従業員の氏名や電話番号など80件が保存されていた。

従業員は翌8日に紛失へ気がつき、探索したものの発見できなかったことから、警察などへ被害を届け出て、取引先へ謝罪。その後名古屋市交通局へ遺失物として届けられ、11日に回収した。携帯電話を不正利用した形跡はなかったという。

(Security NEXT - 2009/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構
衣装ケースに入った顧客リスト約6000件、店舗駐車場に放置 - NTT西