Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号モジュール認証制度のガイダンスを更新 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、暗号モジュール試験および認証制度である「JCMVP」のガイダンスを更新した。

同ガイダンスは、暗号モジュール試験要件に関して、運用や解釈など説明した資料。試験機関やベンダーなどから寄せられた質問に対する回答を収録している。

今回の更新では、「FIPS140-2認証」を取得している暗号モジュールについて、JCMVP認証を取得する際に同制度の試験を再度受ける必要がない点に言及したほか、擬似乱数生成器の仕様について記載を追加した。

(Security NEXT - 2009/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
仕様変更によるChrome警告表示に冷静な対応呼びかけ - IPA
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験