Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福祉介護施設の個人情報3万件が車上荒らし被害 - 内田洋行子会社

内田洋行の子会社であるオフィスブレインにおいて、約3万件の個人情報が記録された外付けハードディスクの盗難が発生した。

同社従業員が、8月6日20時から22時半にかけて金沢市内で車上荒らしに遭い、ハードディスクを鞄ごと何者かに持ち去られたもの。記録されていたデータは、石川県、富山県、福井県、岐阜県の高齢者福祉施設や介護施設など39施設の情報システムで使用する個人情報3万人分。

氏名や住所、生年月日、保護者情報、障害等級のほか、一部には口座情報も含まれているが、データの構造上、拾得した第三者は閲覧は困難と同社では説明している。

個人情報が不正に利用されたとの報告も受けていないという。同社では、施設関係者へ事情の説明を行っている。

(Security NEXT - 2009/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
車上荒らしで顧客情報が盗難 - 大和リビング
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
中学校内で車上荒らし、成績情報が盗難 - 堺市
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院