Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合監視ソフト「ZABBIX」の日本語対応を実現 - ミラクル・リナックス

ミラクル・リナックスは、オープンソースの統合監視ソフトウェア「ZABBIX 1.4.6」を日本語へ対応させるための修正パッチを開発したと発表した。

コミュニティ版の「ZABBIX 1.4.6」をベースに、同社が日本語へ対応した「ミラクル・リナックス版ZABBIX 1.4.6」を開発したもの。修正パッチはコミュニティ版へ還元し、反映されたという。今回の日本語対応により、従来は対応していなかった日本語のイベントログを監視できるようになった。

さらにミラクル・リナックスでは、「コミュニティ版ZABBIX 1.4.6以降」に対してサポートサービスを開始した。ZABBIXサーバ1台、監視対象20台までに対応する「ZABBIXサポート基本パック」が31万5000円/年。

(Security NEXT - 2009/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン