Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合監視ソフト「ZABBIX」の日本語対応を実現 - ミラクル・リナックス

ミラクル・リナックスは、オープンソースの統合監視ソフトウェア「ZABBIX 1.4.6」を日本語へ対応させるための修正パッチを開発したと発表した。

コミュニティ版の「ZABBIX 1.4.6」をベースに、同社が日本語へ対応した「ミラクル・リナックス版ZABBIX 1.4.6」を開発したもの。修正パッチはコミュニティ版へ還元し、反映されたという。今回の日本語対応により、従来は対応していなかった日本語のイベントログを監視できるようになった。

さらにミラクル・リナックスでは、「コミュニティ版ZABBIX 1.4.6以降」に対してサポートサービスを開始した。ZABBIXサーバ1台、監視対象20台までに対応する「ZABBIXサポート基本パック」が31万5000円/年。

(Security NEXT - 2009/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量