Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュアが「ASV」に認定、脆弱性検出サービスを提供

NRIセキュアテクノロジーズは、クレジットカード情報を取り扱うシステムの脆弱性を検出する「PCI DSS認定スキャンサービス」を提供開始した。

スキャニングベンダー「ASV」として「PCI SSC」より認定を受けてサービスを開始するもので、クレジットカードのセキュリティ基準「PCI DSS」における準拠条件の1つである脆弱性スキャンを実施する。

新規準拠のために「脆弱性スキャン」「無線LAN調査」「ペネトレーションテスト」を行う「PCI DSS準拠支援スキャンパッケージ」と、「PCI DSS準拠維持」のため四半期に1度のテストを行う「PCI DSS維持支援スキャンパッケージ」を用意している。

同社はPCI DSSの評価機関「QSA」としても認定されており、すでに提供している「PCI DSS準拠支援サービス」と組み合わせて、PCI DSS準拠を支援するワンストップソリューションとして提供するほか、PCI DSSに関する研修プログラムなども提供していく計画。

(Security NEXT - 2009/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC