Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング情報の届け出が増加傾向 - 特定ブランド狙われる傾向も

フィッシング対策協議会は、7月のフィッシング情報に関する届け出状況を公表した。

同協議会によれば、7月におけるフィッシング情報の届出件数は9件で前月より5件増加した。4月に大きく減少したものの、以降は増加傾向が続いている。フィッシングサイトのURLは1件減少し3件で、ブランドが開くようされたケースは2件だった。

7月は前月と同様に「Yahoo! JAPAN」を装ったフィッシングが発生するなど、特定のブランドが悪用されており、同協議会では会員情報の入力など求めるメールに注意するよう求めている。また、フィッシングではないものの、「規約違反による契約不履行の損害賠償請求」など架空請求と見られるメールも同様に届け出が寄せられているという。

(Security NEXT - 2009/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
2017年はフィッシング攻撃数が大幅減 - マルウェアに移行か
フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化