Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長期休暇中の改ざん被害やMSの修正パッチ公開に注意を

まもなく長期夏期休暇を迎える企業が多いことから、情報処理推進機構(IPA)が事前対策を呼びかけている。

ウェブサイトの改ざん被害が増加しており、休暇中に攻撃を受けた場合、管理者が不在のため、被害の拡大をもたらす可能性があると指摘。システム管理者に対して、OSやアプリケーションのアップデート、最新セキュリティ対策ソフトの利用、不要なサーバやサービスの停止、緊急時の連絡網の整備などあらためて対策を実施するよう推奨している。

また多くの企業で休暇中にあたる12日にマイクロソフトが修正プログラムの公開を予定しているため、企業の一般ユーザーに対しても、休暇明けにそのほかのアプリケーションも含め、修正プログラムの確認や必要に応じて適用するよう呼びかけた。またUSBメモリ経由のウイルス感染に対しても注意喚起している。

(Security NEXT - 2009/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
10日間以上の長期休暇の企業も - GW前にセキュリティ対策の確認を
長期休暇の前後に十分なセキュリティ対策を - IPAが注意呼びかけ
7月のフィッシング報告数は614件 - 前月比120件増
長期休暇前にセキュリティ対策の再確認を - 盆休み重なるMS月例パッチにも注意を
中学生対象の「ジュニアキャンプ」 - 高知で開催
GW休暇前に対策の再確認を - サポート終了のJava SE 7に注意
5月に「セキュリティ・ミニキャンプ」が新潟で初開催
闇市場が盛況、ネットサービスの盗難アカウントは1ドル