Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再審査のために預かったレセプトが所在不明に - 群馬国保連

群馬県国民健康保険団体連合会は、再審査のために受託したレセプト2件が所在不明になったと発表した。

所在が不明になっているのは、後期高齢者医療の医科レセプトや調剤レセプト。再審査のために預かった2件が、同会の事務所において紛失していることが判明した。

同会では、誤って廃棄した可能性が高く、流出の可能性は低いと説明。関連する被保険者、医療機関、調剤薬局を職員が訪問して、直接説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

措置児童の情報含むレセプトや連名簿などを紛失 - 岐阜県
レセプトデータが記録されたFDを紛失 - 社会保険診療報酬支払基金
精神科受診者の個人情報含む書類やCD-ROMを紛失 - 長野県
患者情報約3万5000件含むUSBメモリを委託先が誤廃棄 - アイン薬局
長期通院する被生活保護者の名簿が相次いで所在不明に - 横浜市金沢区