Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MAL_OTORUN」の脅威は減少するもUSBメモリ経由の感染に引き続き注意を - トレンド月間まとめ

トレンドマイクロは、7月に同社に寄せられた不正プログラムの感染被害報告を取りまとめた。

同社によれば、7月の感染被害報告数は5097件で、6月の4781件から増加している。報告数ランキングの1位は依然として「MAL_OTORUN」だが、件数は299件で前月の412件から後退。報告数は減少傾向にあるが、USBメモリを悪用する不正プログラムが今後あらたに発生する可能性もあるとして、同社では注意を怠らぬよう呼びかけている。

7月上旬には、2004年1月に確認された不正プログラム「WORM_MYDOOM」の亜種を使用したDDoS攻撃が、韓国や米国などで発生した。同プログラムは自身のコピーを大量にメール送信するメール拡散型の不正プログラム。今回の亜種には従来型とは異なり、米国や韓国、米国の政府系機関などのドメインを持つ30以上のサイトを標的とする機能が備わっていたという。

また海外では、ミニブログサービス「Twitter」を悪用した攻撃が確認された。不正サイトへ誘導するリンクをクリックすると、不正プログラムに感染するという手法はありがちなものだが、利用しているOSによって異なるプログラムがダウンロードされるという点で注目を集めた。Windowsだけでなく、Macにおいてもセキュリティ対策が重要になっていると、同社では指摘している。

同社がまとめた7月のランキングは以下のとおり。

1位:MAL_OTORUN
2位:BKDR_AGENT
3位:WORM_DOWNAD
4位:JS_IFARME
4位:TSPY_ONLINEG
6位:TROJ_SMALL
7位:TROJ_DROPPER
7位:TROJ_FAKEAV
9位:TROJ_SWIZZOR
10位:MAL_HIFRM

(Security NEXT - 2009/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
不正送金マルウェアが16.8倍と急増 - 侵入経路の大半が「メール」