Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash」「Adobe Reader」の脆弱性を解消するアップデータが公開

「Adobe Flash Player」や「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」の脆弱性を解消するアップデートが公開された。

「Adobe Flash」に脆弱性が見つかり、同社ではセキュリティアドバイザリを公開していたが、アップデートで対応したもの。細工を施したファイルを処理する際、同ソフトはもちろん、Flashファイルを埋め込んだPDFファイルを処理する際に「Adobe Reader」などへ影響を与える。「Adobe AIR」における閲覧時も攻撃を受ける可能性がある。

脆弱性が含まれているのは、「Adobe Flash Player」は「同10.0.22.87」および「同9.0.159.0」以前のバージョンで、すべてのプラットフォームで影響を受ける。また「Adobe Reader」や「Acrobat」では「9.1.2」以前のバージョンに脆弱性が含まれる。

Security updates available for Adobe Flash Player, Adobe Reader and Acrobat
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb09-10.html

Adobe Systems
http://www.adobe.com/

(Security NEXT - 2009/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
北朝鮮のトネリングツール「ELECTRICFISH」が明らかに
「SharePoint」脆弱性を狙う攻撃に注意 - 「China Chopper」を展開