Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash」「Adobe Reader」の脆弱性を解消するアップデータが公開

「Adobe Flash Player」や「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」の脆弱性を解消するアップデートが公開された。

「Adobe Flash」に脆弱性が見つかり、同社ではセキュリティアドバイザリを公開していたが、アップデートで対応したもの。細工を施したファイルを処理する際、同ソフトはもちろん、Flashファイルを埋め込んだPDFファイルを処理する際に「Adobe Reader」などへ影響を与える。「Adobe AIR」における閲覧時も攻撃を受ける可能性がある。

脆弱性が含まれているのは、「Adobe Flash Player」は「同10.0.22.87」および「同9.0.159.0」以前のバージョンで、すべてのプラットフォームで影響を受ける。また「Adobe Reader」や「Acrobat」では「9.1.2」以前のバージョンに脆弱性が含まれる。

Security updates available for Adobe Flash Player, Adobe Reader and Acrobat
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb09-10.html

Adobe Systems
http://www.adobe.com/

(Security NEXT - 2009/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント