Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Samba上のウイルスを駆除できる「BitDefender Security for Samba」

サンブリッジソリューションズは、ファイルサーバ上でウイルス対策機能を提供する「BitDefender Security for Samba」を発売した。

同製品は、「Samba」によるファイル共有環境においてウイルスやスパイウェアを検知、駆除できるソリューション。ヒューリスティックエンジンを搭載したほか、SNMPプロトコルによるシステムのモニタリングが可能。

Linuxが採用するファイルシステム「vfs」に対応しており、Sambaのバージョンに関係なく利用することが可能で、ファイルシステム全体や共有単位による保護が可能。ソフトウェアの販売は、ラネクシーとソフトエイジェンシーを通じて行われる。

(Security NEXT - 2009/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ