Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グリーンデータセンター向けにIPSやIDSの運用サービス - NTTデータ・セキュリティ

NTTデータ・セキュリティは、NTTデータが提供するグリーンデータセンターサービス「ACORE」向けに「iDCゲートウェイ設置型不正アクセス監視サービス」を8月1日より提供する。

同サービスは、公共団体や金融機関など高可用性が求められるシステム向けに、IDSやIPSの運用サービスをアウトソーシングサービスとして提供するもの。シグネチャのチューニングやアップデートのほか、顧客の要望の応じてインシデントの発生状況の把握や対策案の提示や遮断なども実施する。

データセンターのゲートウェイに設置するため、ユーザーごとに機器を導入する必要がなく、IDC全体はもちろん、センター内のユーザごとにインシデント対策を実施することが可能で、レポートを提供する。

(Security NEXT - 2009/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS