Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グリーンデータセンター向けにIPSやIDSの運用サービス - NTTデータ・セキュリティ

NTTデータ・セキュリティは、NTTデータが提供するグリーンデータセンターサービス「ACORE」向けに「iDCゲートウェイ設置型不正アクセス監視サービス」を8月1日より提供する。

同サービスは、公共団体や金融機関など高可用性が求められるシステム向けに、IDSやIPSの運用サービスをアウトソーシングサービスとして提供するもの。シグネチャのチューニングやアップデートのほか、顧客の要望の応じてインシデントの発生状況の把握や対策案の提示や遮断なども実施する。

データセンターのゲートウェイに設置するため、ユーザーごとに機器を導入する必要がなく、IDC全体はもちろん、センター内のユーザごとにインシデント対策を実施することが可能で、レポートを提供する。

(Security NEXT - 2009/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量