Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows PE 2.0」の起動環境をサポートしたデータ消去ソフト - ネットジャパン

ネットジャパンは、コンピュータ内のデータを消去できるソフトウェア「NetJapan Disk Wiper 8.5」を発売した。

同製品は、ハードディスク全体やパーティションごとにデータを消去できるセキュリティ対策ツール。10種類の消去形式に対応しており、残しておきたいファイルを別の場所に保存することも可能。旧型コンピューター向けに起動ディスクを作成することができる。

最新版では、「Windows PE 2.0」の起動環境に対応し、CD-ROMからコンピューターを起動して作業が行えるようになった。また2Tバイトまでのドライブをサポートしたほか、USBメモリ内部のデータ削除を行うことができる。

さらにデータ消去のスケジュール設定が可能。「Windows Vista」「Windows Server 2008」をサポートした。

(Security NEXT - 2009/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
暗号化製品「FinalCode」に新版 - フォルダ単位のファイル操作が可能に
法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社
「FinalCode」新版、画面撮影対策で端末特定できる透かし表示
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
アイ・オー、データの消し忘れ対策備えたUSBメモリ
カスペルスキー、「Android for Work」に対応したモバイルセキュリティ製品
アドバンスデザイン、フォレンジック向けデータ取得ツール