Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、汎用USBメモリを暗号化できる「SecureDevice」 - 編集のみ可など柔軟なポリシー設定に対応

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、汎用USBメモリを暗号化できるセキュリティソリューション「InterSafe SecureDevice」を発表した。

すでに教育関係者向け製品「SecureDeviceアカデミックライセンス」を6月に発表しているが、今回一般向けに提供を開始するもの。8月24日に発売予定で、管理ソフトと5ライセンスを含む基本パックが3万9900円。

同製品は、USBメモリの一部領域をAES128bitや256bitにより暗号化し、仮想ドライブとしてマウントすることができるセキュリティ製品。一般的なUSBメモリを利用できるのが特徴で、マウントした仮想ドライブ内のデータ操作に対して管理者がポリシーを設定することができる。

管理者PC上でUSBメモリを登録し、同ソリューション専用にフォーマットすることで暗号化領域と、通常領域にマウント用のソフトウェアが保存される。利用者は、暗号化領域へデータをコピーできるホストPCに接続することでパスワードを設定できる。

ホストPC以外のゲストPCでも、ドライバなどをインストールせずにポリシーの範囲内で利用することができ、ゲスト PC上では暗号化された仮想ドライブ上でのみデータを編集できるよう許可したり、有効期限を定めるといった運用が可能で、外部へデータが持ち出されることを防ぐ。印刷やクリップボードの制御といったポリシーの設定にも対応する。

また暗号化領域は外部からのコピーを禁止する設定ができるため、同領域内へのウイルス侵入を防げる。さらにUSBメモリの利用状況についてUSBメモリ内のログが保存され、管理者PCにより利用状況を確認することが可能。

090728alsi3.jpg
ホストPCとゲストPCにおける動作の流れ

(Security NEXT - 2009/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
アイ・オー・データ、マイナンバー業務向けUSBメモリ
東芝情報システム、暗号化ソリューションにデバイス制御機能を追加
アイ・オー、データの消し忘れ対策備えたUSBメモリ