Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約43万6000人分の顧客情報を記録した磁気テープが所在不明 - アストモス関連会社

LPガスを販売するアストモスエネルギーの関連会社であるガステージシステムの顧客情報が保存された磁気テープが所在不明となっている。

同社が業務を委託していた伊藤忠テクノソリューションズが、LPガスの販売取引データを保存した磁気テープ5本を紛失したもの。アストモスが7月15日にバックアップデータの提供を依頼した際に判明した。

4月17日にサーバから取り出されたことは判明しているが、その後保管庫へ入庫された記録が残っておらず、以降の所在がわからなくなっており、監視カメラの映像などからも確認できないという。

氏名や住所、電話番号など43万5990人分の個人情報が保存されており、10万7986人分には口座情報も含まる。一方9306人分にはクレジットカード番号や有効期限が記録されていた。さらに790人については、口座情報、カード情報いずれも含まれていた。

不正利用などの報告も受けておらず、磁気テープからデータを読み出すには特殊な機器環境と技術を必要でで第三者へ漏洩する可能性は低いとアストモスでは説明。謝罪や注意喚起を行うため関連する顧客に対して個別に連絡する。

(Security NEXT - 2009/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京