Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約43万6000人分の顧客情報を記録した磁気テープが所在不明 - アストモス関連会社

LPガスを販売するアストモスエネルギーの関連会社であるガステージシステムの顧客情報が保存された磁気テープが所在不明となっている。

同社が業務を委託していた伊藤忠テクノソリューションズが、LPガスの販売取引データを保存した磁気テープ5本を紛失したもの。アストモスが7月15日にバックアップデータの提供を依頼した際に判明した。

4月17日にサーバから取り出されたことは判明しているが、その後保管庫へ入庫された記録が残っておらず、以降の所在がわからなくなっており、監視カメラの映像などからも確認できないという。

氏名や住所、電話番号など43万5990人分の個人情報が保存されており、10万7986人分には口座情報も含まる。一方9306人分にはクレジットカード番号や有効期限が記録されていた。さらに790人については、口座情報、カード情報いずれも含まれていた。

不正利用などの報告も受けておらず、磁気テープからデータを読み出すには特殊な機器環境と技術を必要でで第三者へ漏洩する可能性は低いとアストモスでは説明。謝罪や注意喚起を行うため関連する顧客に対して個別に連絡する。

(Security NEXT - 2009/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる