Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パスワードは「記憶頼り」42%、9割に「忘れた経験」 - アイシェア調査

アイシェアは、ウェブサイト上で利用するパスワードの管理方法などに関する調査を実施し、結果を公表した。

同調査は、同社が提供しているメール転送サービスの利用者を対象に実施したもの。20代から40代の男女590人から回答を得た。そのうち、ウェブサイト上でパスワードを入力した経験のあるユーザーは562人(95.3%)だった。

パスワードの管理方法でもっとも多かったのは、「何にも残さないで記憶に頼る」の42.0%だった。2位は「紙に書いて残す」で18.3%、3位は「テキストファイルで残す(パスワード設定や暗号化はしない)」が16.2%だった。

一方、「パスワード管理用ソフトで管理」は13.7%、「テキストファイルで残す(パスワード設定や暗号化をする)」は5.9%で、セキュリティに配慮した管理方法を実施しているユーザーの方が少数派という結果が出た。また、パスワードを「忘れたことがある」と回答したユーザーは89.3%にのぼった。

入力したパスワードが「****」など文字を隠して表示された経験があるユーザーは98.8%。このような表示について肯定派は67.9%、否定派は32.1%だった。

肯定派の意見では、「セキュリティのため」「他人に見えるから」というセキュリティ対策を意識した回答のほか、「心理的安心感」や「他人に知られてはいけない重要なものだと意識させてくれるから」という個人の自覚にかかわるものなどもあった。

一方、否定派の意見には、「入力ミスがわかる」「どこまで打ったかわからなくなったりするので」など、確認しながら入力したいという意識が強いことがわかる。また、「だれにも覗かれない」「公の場で入力するような行動を取らない」など、他人に知られる可能性は低いという意見も多かったという。

(Security NEXT - 2009/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先