Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティソフトなどが「VMware」による仮想化環境へ対応 - HDE

HDEは、同社が提供しているソフトウェアについて仮想化環境における動作検証を実施しており、今後サポートする計画だと発表した。

コスト削減や環境対策として仮想化環境への注目が集まっており、こうした需要へ対応するもの。サーバー管理ソフトやセキュリティ対策ソフトにおける仮想化ソフト「VMware ESX」「VMware Server」上の動作について、順次サポートを拡大していく。

セキュリティ関連製品では、サーバー監視ソフトウェア「HDE Center 4.5」をはじめ、「HDE Anti-Virus 5」「HDE Anti-Spam 2」が「VMware ESX/ESXi 3/3.5/4.0」および「VMware Server1.0/2.0」をサポート。また「HDE Secure Mail」シリーズでは「VMware ESX/ESXi 3.5/4.0」「VMware Server2.0」を動作環境に追加する。

同社では今後も仮想化環境への対応を積極的に進めていく予定。

(Security NEXT - 2009/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版
カスペルスキー、仮想化環境向けにセキュリティ対策製品
日立、ブラウザ閲覧環境を業務システムから分離するソリューション
高収入のIT資格、セキュリティ関連が健闘
クラウド動作のアプリ画面を転送するサービス - NTTコム
トレンド、SDN連携で攻撃への初動対応を自動化するソリューション
2015年法人端末の仮想化率は30.4% - 市場規模予想は3972億円