Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含む書類を車上に乗せたまま走行 - 広島の学習塾

鴎州コーポレーションが運営する学習塾において、講師が生徒の個人情報含む書類を誤って紛失する事故が発生した。

同社によれば、7月13日22時ごろ、鴎州塾五日市校の講師が帰宅する際、車上に書類を乗せたまま走行。書類は道路上に落下して散乱した。

講師は事故当日に紛失へ気が付かず、翌14日になって近隣の住民から連絡があり、事故が判明した。同社従業員が書類の回収作業を行ったが、生徒の個人情報含む書類3枚が回収できなかったという。

紛失した書類は生徒カルテ2枚と保護者懇談出席カード1枚。同校および岩国校の生徒に関するもので、氏名や学年、受講クラスのほか、生徒カルテには成績関連情報が、また保護者懇談出席カードには保護者の電話番号が含まれる。

同社では、対象となる生徒および保護者に説明と謝罪を行っている。また、生徒情報の外部持ち出しや印刷の禁止を徹底して、再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2009/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
融資受けた顧客の書類が飛散、一部回収できず - 中央労金
国勢調査関係書類を紛失、自転車の荷台から落下 - 相模原市
顧客情報含む書類が運搬中に飛散、一部紛失か - 四国電力
顧客情報含む携帯電話を車の上に置いたまま走行して紛失 - ジブラルタ生命
個人情報6560件含む市税関連帳票を搬送中に紛失、すべて回収 - 横浜市
取引先の番号含む携帯電話をバイク走行中に紛失 - 沖縄ガス
利用者の個人情報を車両の屋根に置いたまま走行 - 沖縄の介護施設
スクーターの足元においた個人情報入り鞄を移動中に紛失 - 津市の小学校教諭
顧客情報記載した書類を車両の上に置いて走行、所在不明に - JA山口東