Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アリコ、直接申し込んだ通販顧客の情報が流出 - カードの不正利用で判明

アリコジャパンは、顧客の個人情報が外部に流出したおそれがあると発表した。クレジットカード情報の不正利用による被害も報告されている。

7月14日以降にクレジットカード会社より、同社顧客のカード情報が不正利用されたとの指摘を複数受けて判明したもの。同社調査によれば、顧客情報が外部へ流出している可能性はきわめて高く、7月初旬ごろより不正利用が発生しており、1000件以上にのぼると見られている。

同社では詳細を調べているが、最大11万件の顧客情報が流出した可能性がある。また不正利用された顧客情報の特徴として、2002年7月から2008年5月までに同社へ直接申し込み、カード決済により保険料を支払った顧客で、証券番号の下一桁が「2」または「3」を含んでいる点が挙げられている。

同社では、情報が流出したおそれのある顧客に対して書面を発送し、不正利用による請求がないか確認するよう注意を呼びかける。また流出情報の特定や被害に関する情報など引き続き公表していく予定。

(Security NEXT - 2009/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
委託先で顧客情報含む領収書を紛失 - 京葉ガス