Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む住民税通知書の一部を誤送付、全通知書を回収 - 中野区

中野区は、区民宛てに発送した住民税特別徴収通知書の一部に、個人別明細の誤封入が発生していたことを明らかにした。

誤送付が発生したのは、7月15日に特別徴収義務者宛てに発送された住民税特別徴収通知書。翌16日に判明した。通知先への電話調査の結果、474人分の個人情報を含む全通知書412件のうち開封済が266件で、そのうち8件19人分について、別人の個人別明細が誤って封入されていたという。

明細には、氏名、住所、課税番号、受給者番号、特別徴収義務者、所得/所得控除の内訳、税額などが記載されていた。同区では全送付先に連絡し、未開封のものは開封せずに返送するよう依頼。開封済のものも含めて、全通知書の回収を進めている。また原因について調査を実施するなど再発防止策に取り組む。

(Security NEXT - 2009/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

移植患者情報含む書類をドナーに誤送付 - 日本骨髄バンク
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
児童手当に関する書類の誤発送で個人情報流出 - つくば市
予防接種予診票を別の接種対象者へ誤送付 - 高知市
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
マイナンバー含む税額決定書の誤送付が2件発生 - 川口市
事務処理ミスでマイナンバー含む税額決定書を誤送付 - 小林市
個人情報含む書類を別人に送付、作業ミスで - 岩国市