Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経済センサス-基礎調査の記入済み調査票を紛失 - 横浜市鶴見区

横浜市鶴見区内において、経済センサス-基礎調査における記入済みの調査票が所在不明となっている。

統計調査員が提出する際に1件を紛失していることに気がついたもの。調査票は管轄区域内の事務所から回収したもので、事業所名や電話番号、所在地、郵便番号、経営組織、開設時期、従業者数、事業の種類、業態といった情報や、記入者の個人情報が含まれる。

書類は調査員が回収後、自宅に保管していたという。16日に区へ報告があり、探索後も発見できなかったことから、翌17日警察に紛失届けを提出。県や国へ事態を報告した。

(Security NEXT - 2009/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府