Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトウェアの違法コピーの通報件数が過去最高のペース

組織内のソフトウェア違法コピーに関する通報件数が増加傾向にあり、2009年上半期は過去最高件数を記録した。

違法コピーに関する通報窓口を設置しているビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)によれば、通報件数が2009年上半期の件数が275件に達し、過去最多を記録。同団体によれば、通報件数は2003年から2008年までに約3倍へと増加しているが、2008年は544件だったが、2009年上半期はこれを上回るペースで推移している。

こうした背景について同団体では、コンプライアンス意識の浸透があったほか、地方自治体における違法コピーが明らかになったことが後押ししたと分析。一方で景気低迷が組織の違法コピー容認の増加につながる可能性があるとの懸念を示し、不正利用の防止を呼びかけている。

ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)
http://www.bsa.or.jp/

(Security NEXT - 2009/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送