Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボタン操作で簡単に脆弱性攻撃ファイルを作成できるツールが流通 - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、調査を実施した「脆弱性を利用した新たなる脅威の監視・分析による調査」の最終報告書を取りまとめた。標的型攻撃に用いられるファイルは、闇市場で流通するツールにより容易に作成されており、あらためて注意を呼びかけている。

同機構を装った攻撃が2008年4月に発生しており、同機構が攻撃手法や対策について調査を実施し、取りまとめたもの。同機構の調査では、埋め込んだ「JavaScript」により「Adobe Reader」の脆弱性を攻撃し、キーロガーやバックドアといった機能を備えたマルウェアがインストールされるという。

またこうした攻撃ツールは、外部のサーバと通信する際、チャレンジレスポンス方式による認証のほか、通信にはNTTと三菱電機が共同開発した暗号方式「Camellia」が用いるなど、検知や解析を逃れるしくみも備えていた。

さらに攻撃者をサポートするツールの存在も明らかになっている。簡単なボタン操作で攻撃ファイルを容易に作成できるツールが、複数のセキュリティベンダーで発見されており、アンダーグラウンドで取り引きされているとみられている。

一方でインターネット利用者が危険にさらされる一方で周知徹底が不十分とIPAは指摘。今後も同様の調査を定期的に実施し、情報を提供していく計画。

(Security NEXT - 2009/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施