Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指定保養施設利用者の個人情報含む利用券が所在不明に - 練馬区

練馬区は、指定保養施設から区に郵送された施設利用券15枚が所在不明になっていると発表した。利用者の個人情報が含まれるという。

所在が不明になっているのは、指定保養施設を利用する際に施設へ提出される利用券。利用団体の代表者として申請した15人分の氏名、住所、電話番号、利用年月日、宿泊数などが記載されていた。

利用分に相当する補助金を区に請求するため、施設では月ごとに請求書と利用者が提出した利用券を区に送付しているが、4月分の請求書や利用券を「箱根湯本ホテル」が5月16日に普通郵便で送付したところ未着となった。関係各所の探索や郵便事業への調査を依頼したが発見されていない。

同区では、対象となる申請者に対し説明と謝罪を行った。また、利用券の掲載内容を見直すほか、送付には簡易書留郵便を利用するよう全指定保養施設に指示するなど、個人情報保護を強化するとしている。

(Security NEXT - 2009/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大
患者の個人情報含むHDDが所在不明に - 相模野病院
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町