Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーマー狙う「CRYP_KRAP」が「MAL_OTORUN2」抑えて国内外トップへ

トレンドマイクロは、国内外におけるウイルス感染や発見状況についてとりまとめた。

前回ランキングに入るなど感染増加の傾向を見せていた「CRYP_KRAP」が国内外で感染をさらに広げ、いずれも「MAL_OTORUN2」を抑えてトップとなった。また「WORM_DOWNAD.AD」も4位と引き続き上位を保っている。

またウェブ経由で感染し、FTPアカウントなどを盗み取ってさらに感染を広げる「TROJ_SEEKWEL.TO」は、前回10位圏外に姿を消していたが、再び国内ランキングに入って5位だった。同社がまとめたトップ10位は以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(7月6日から7月12日まで)

1位:CRYP_KRAP
2位:MAL_OTORUN2
3位:MAL_OTORUN1
4位:WORM_DOWNAD.AD
5位:TROJ_SEEKWEL.TO
6位:CRYP_XED-12
7位:TROJ_AGENT.AMGN
8位:PE_TENGA.A
8位:CRYP_DOWNAD-4
10位:MAL_OLGM-26
10位:TROJ_SMALLTR.YV
10位:WORM_ONLINEG.KDJ

全世界のウイルス感染および発見報告数(7月10日から7月16日まで)

1位:CRYP_KRAP
2位:MAL_OTORUN2
3位:MAL_VUNDO-9
4位:CRYP_MANGLED
5位:MAL_OTORUN1
6位:POSSIBLE_SCRDL
7位:POSSIBLE_HIFRM-5
8位:VBS_LOVELETTER.A
9位:MAL_HIFRM
10位:CRYP_OPET-3

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2009/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず