Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザの仮想化技術でウェブ経由の攻撃を防御する新機能 - チェック・ポイント

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、エンドポイントセキュリティの最新版「Check Point Endpoint Security R72」を発表した。

同製品は、ウイルス対策やファイアウォール、ネットワークアクセスやプログラムの制御、暗号化、VPNなどエンドポイントにおけるセキュリティ機能を提供するセキュリティ対策製品。

今回の機能強化では、ウェブ経由の攻撃からクライアントPCを保護する「Check Point WebCheck」を搭載。同機能はブラウザの仮想化技術により、フィッシング攻撃のほか、悪意を持ったサイトや改ざんされたサイトを閲覧することによりマルウェアに感染するおそれがある「ドライブバイダウンロード」から端末を保護する。

また統合認証機能である「OneCheck」では、Windowsへのログインや暗号化、VPNなど同製品のシステムにおける自動ログインを実現。さらに「VPN Auto-Connect」により組織のネットワークへリモート接続の処理を自動的に行うことが可能となった。

(Security NEXT - 2009/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供