Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むノートPCがトイレの手洗い場から盗難 - 早大

早稲田大学の教員がキャンパス内のトイレで盗難に遭い、学生の個人情報が保存されたノートパソコンを盗まれた。

被害に遭ったパソコンには、1999年度から2009年度までに同大商学学術院に在籍していた学生の名簿が保存されていた。また2007年から2009年の間に同教員の講義を受講した学生の成績が含まれる可能性もあるという。これらを合わせると、最大で523件の個人情報が含まれる可能性がある。

7月7日16時ごろ、講義を終えた教員がトイレに立ち寄った際、手洗い場に鞄を置いて目を離した隙に、鞄ごと持ち去られたという。警察へ被害を届け、対象となる学生や卒業生に、個別に説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2009/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産
公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大