Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むノートPCがトイレの手洗い場から盗難 - 早大

早稲田大学の教員がキャンパス内のトイレで盗難に遭い、学生の個人情報が保存されたノートパソコンを盗まれた。

被害に遭ったパソコンには、1999年度から2009年度までに同大商学学術院に在籍していた学生の名簿が保存されていた。また2007年から2009年の間に同教員の講義を受講した学生の成績が含まれる可能性もあるという。これらを合わせると、最大で523件の個人情報が含まれる可能性がある。

7月7日16時ごろ、講義を終えた教員がトイレに立ち寄った際、手洗い場に鞄を置いて目を離した隙に、鞄ごと持ち去られたという。警察へ被害を届け、対象となる学生や卒業生に、個別に説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2009/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル