Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イーツがラックと協業、データセンターサービスにセキュリティ監視メニュー

イーツはラックと協業し、同社データセンターサービスへセキュリティ監視サービスのメニューを拡充した。

同社が提供しているサーバのハウジングやホスティングサービス、MSPサービスへ監視サービスを追加したもの。従来より利用者のニーズに応じて同社では個別に対応してきたが、今回の協業によりサービスメニュー化した。

提供メニューには、24時間体制で不正な通信を監視、防御する「マネージド・セキュリティ・サービス」やセキュリティ機器の運用管理やコンサルティングなどを行う「UTM24+」を用意。月額利用料はそれぞれ30万円、10万7000円から。別途初期費用が必要となる。

(Security NEXT - 2009/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
フレクセラ、MSの「Intelligent Asset Manager」と連携
トヨタとカリウス、モビリティにおける本人特定技術を共同開発
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業