Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windowsセキュリティセンター」が誤警告か - 複数ベンダーが「正常動作」をアナウンス

セキュリティ対策ソフトの稼働状況を監視するWindowsの「Windowsセキュリティセンター」において、誤った警告表示が発生しているとし、複数のセキュリティベンダーが「セキュリティ上問題ない」とアナウンスを行っている。

問題の現象は「Windows Vista SP1」で発生しているもので、Kaspersky製品を取り扱うジャストシステムによれば、「Kaspersky Internet Security 2009」や「Kaspersky Anti-Virus 2009」の利用時に、ソフトが正常に動作しているにも関わらず、同センターによるマルウェア対策状況で「状態報告がサポートされなくなった形式によって行われている」との警告が表示されるという。

また「ESET Smart Security」「ESET NOD32アンチウイルス」の旧バージョンにおいても同様の現象が発生しており、両ソフトを販売するキヤノンITソリューションズでは、セキュリティ上問題ないとしてアナウンスを行っている。

Kaspersky Labでは、「Windowsセキュリティセンター」においてデータの処理手順が変更されたことが原因によるものとし、従来どおりのデータが処理されない状態になったと説明。対応を検討しているものの現時点では詳細は決まっていないという。

一方、ESET製品についてはv3.0以前のバージョンが監視対象ではなくなったのが原因としており、「同V4.0」へバージョンアップすることにより問題を回避できるため、キヤノンITソリューションズアップデートを呼びかけているほか、アラートの停止方法などを説明している。

JUST Kaspersky
http://www.just-kaspersky.jp/

キヤノンITソリューションズ
http://www.canon-its.co.jp/

(Security NEXT - 2009/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
NICOSカードのシステム障害、機器故障が原因 - サイバー攻撃は否定
高速道路の情報板に「ミサイル落下情報通行止」と誤表示 - NEXCO西日本
Bitcoin取引所のCoincheck、障害で取引無効化 - ロールバック実施
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ
会員向けサイトで個人情報を誤表示、システム不具合で - JRA