Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵送した「診療報酬明細書」が所在不明、郵便事業の調査結果待ち - 岐阜県

岐阜県において、国民健康保険医療指導監査医に郵送した40人分の診療報酬明細書が所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、県内の2歯科診療所において治療を受けた40人分の診療報酬明細書写し。受診者の氏名、生年月日、被保険者証の記号および番号、保険者番号のほか、診療内容なども含まれる。

7月1日に同県の地域福祉国保課から国民健康保険医療指導監査医に郵送したが、7日になっても到着していないことが判明。郵便事業に調査を依頼するとともに、翌日に警察へ遺失届を提出した。郵便事業での調査には約2週間を要するという。

同県では相談窓口を設置し、明細書から個人が特定できた対象者には説明と謝罪を進めている。同県では、診療報酬明細書は原則手渡しとするなど、再発防止策を講じる。

(Security NEXT - 2009/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ポイントカード申込書が所在不明、2カ月分の郵送が未着 - キリン堂
県民意識調査の対象者名簿が所在不明に - 福岡県
顧客情報含む書類が盗難被害 - 兵庫県の郵便局
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
ふるさと納税のマイナンバーを異なる自治体へ誤送付 - 都城市
不正アクセスによる情報漏洩、会員など最大約6万人に影響 - イベント制作会社
マルウェア感染で債務者情報が流出か - 新生銀行関連会社
「東京ズーネット」に不正アクセス - 個人情報が流出
補助金申請事業者の情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京商工会
インシデントへ便乗、JTBのなりすましメールに注意を