Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米韓DDoS攻撃ウイルスの無償駆除ツール - 感染PCにデータ破壊のおそれも

アンラボは、米国や韓国を対象としたDDoS攻撃を行う不正コードの無償駆除ツールを提供開始した。

攻撃対象は、韓国の主要機関や大手サイトなど13サイトにくわえ、同国以外の22サイトが指定されており、変更や追加が行われる可能性がある。

攻撃の踏み台として用いられているパソコンは、「Mydoom」の亜種をはじめ、「Downloader」や「Agent」など多重感染し、なかには感染したパソコンはデータが破壊するプログラムも含まれる。

ファイルの暗号化が行われたりMBRやパーティション情報、ファイルの破壊される。被害にあった場合は復元が難しいという。同社ではDDoS攻撃が持続的に発生する可能性が高いと指摘。駆除ツールによる対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意
DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に