Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリを一時紛失、5月末に回収済み - 日本医科大多摩永山病院

日本医科大学多摩永山病院の医師が、患者情報が保存されたUSBメモリを一時紛失していたことがわかった。拾得者より連絡があり、すでに回収を行ったとしている。

患者の氏名およびID番号が記録されたUSBメモリを同院医師が紛失したもの。同院によれば、2009年5月29日19時ごろ、京王相模原線の車両内において乗客が発見。拾得者が中身を確認し、所有者が判明したことから同院へ連絡寄せられたという。

同院では都へ紛失を報告し、対象となる患者に説明を行った。また閲覧した内部の情報を公表しないとの確約を拾得者から得ている。今後は個人情報管理に関する院内マニュアルの見直しについて検討を進める。

(Security NEXT - 2009/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県