Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年をめどにJPドメインへ「DNSSEC」を導入 - JPRS

JPRSは、2010年中をめどにJPドメイン名サービスへ「DNSSEC(DNS Security Extensions)」を導入する計画であると発表した。

「DNSSEC」は、ドメイン名を解決するセキュリティを確保したDNSの拡張方式。応答時に公開鍵暗号方式による署名を付加することにより正当性を確認できる。

JPRSでは、現時点においてセキュリティ上の問題を解決するには「DNSSEC」の導入がもっとも有効であるとしており、今後はJPドメイン名への導入を目指して、仕様検討や試験を実施する。またほかのTLDレジストリなどと情報共有を進める。

また「DNSSEC」の導入にあたり、JPドメイン名指定事業者に対する利用環境の整備や、DNSサーバの運用者が署名や署名に用いる鍵情報の登録手続きが必要となることから、セミナーやメディアを通じて情報提供などを展開していく。

(Security NEXT - 2009/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布