Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリの安全性評価機能を搭載した「ノートン2010」ベータ版を公開 - シマンテック

シマンテックは、セキュリティ対策ソフト「ノートン インターネットセキュリティ 2010」および「ノートン アンチウイルス 2010」のパブリックベータ版を公開した。

今回公開されたのは、今秋発売予定のセキュリティ対策ソフト「ノートン2010」シリーズのベータ版。8月30日まで公開され、期間中は同社ウェブサイトから無償でダウンロードできる。

両製品では、「Quorum」と呼ばれる新しい保護システムを搭載。ユーザー参加型の監視プログラム「ノートンコミュニティウォッチ」からの情報に基づき、アプリケーションの安全性を「評価(レピュテーション)」する。

多くのユーザーが利用し、公開者や属性の明らかなアプリケーションは「良好」と評価されるが、マルウェアは過去の報告例がなく、公開者や属性が明らかになっていないため、評価が低くなる。同システムにより、従来のシグネチャベースの対策では対応しきれない未知のマルウェアや深刻な脅威からユーザーを保護する。

このほか、アプリケーションの振る舞いを分析して未知のマルウェアを検出するシステム「SONAR 2」や、検出された脅威の内容が容易に把握できるあらたなダッシュボードが搭載された。

(Security NEXT - 2009/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も
Rapid7、脆弱性管理ソリューションにデータ収集機能を追加
「ウイルスバスター」次期バージョンでランサムウェア対策を強化 - ベータ版を公開
GMOグローバルサイン、ID管理やSSOをクラウドで提供
MS、脆弱性攻撃を緩和する無償ツールの最新版「EMET 5.5」
「EMET 5.5 Beta」が公開 - 日本語ユーザーガイドも
ウィンマジック、「Dropbox」で保存する前に暗号化するソフト
「IE 8」のゼロデイ攻撃も防いだ「EMET」新版まもなく公開へ - サポート対象となり導入検討企業が増加中
エフセキュア、仮想環境向けセキュリティ製品のベータ版をバージョンアップ
ESET、Macに感染するルートキットの検出ツールを公開