Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クリアスウィフト、メールやウェブ向けセキュリティア製品の最新版 - 仮想化対応を強化

クリアスウィフトは、情報漏洩防止やウイルス対策機能を備えたメールセキュリティアプライアンス「Clearswift Email Appliance 2.8」や、ウェブセキュリティアプライアンス「Clearswift Web Appliance 1.4」を8月より提供開始する。

今回発売となる最新版では、いずれも登録したキーワードを検出し外部への流出を防ぐ「テキスト検索式リスト」にインポート機能を追加。キーワードや重み付けなどを一括で登録することが可能となり、作業の負担を軽減した。また「Hyper-V」や「VMware ESX」との連携を強化しており、仮想化環境での運用を実現している。

価格は、50ユーザー利用時で「Clearswift Email Appliance 2.8」が66万9900円、「Clearswift Web Appliance 1.4」が92万1900円から。

(Security NEXT - 2009/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ