Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先のPCがウイルス感染で顧客情報1件が流出 - パナホーム

パナホームは、委託先のパソコンがウイルスに感染し、顧客情報1件が流出したことを明らかにした。

流出が判明したのは、顧客1人分の氏名、住所、電話番号、工事計画情報など。同社近畿建設センターの委託先事務所にあるパソコンがウイルスに感染し、流出したというもので、6月25日に発覚した。

同社では所管省庁へ事故を報告するとともに、対象となる顧客に説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2009/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ノロウイルス食中毒警報メールで誤送信 - 神戸市
セキュリティソフトの利用者情報が別人から閲覧可能に
日本年金機構の個人情報漏洩問題、真相究明後に処分検討 - 厚労相
個人情報や検診結果含むがん検診受診票が所在不明 - 枚方市
サイト上で顧客情報を誤表示、他人クレカで決済も - ソースネクスト
情報流出の可能性「きわめて低い」 - 共同通信PRワイヤーが報告
PCがウイルス感染、顧客や報道関係者の個人情報が流出か - 共同通信PRワイヤー
「もんじゅ」のPCにウイルス、情報漏洩の可能性 - 核防護関連は含まれず
サイトに不正アクセス、顧客情報漏洩やウイルス感染のおそれ - アルインコ
元契約社員のPCからファイル共有ソフト経由で顧客情報流出 - NTT西