Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー、暗号化機能搭載メモリに大容量モデル - 管理機能やウイルス対策などバリエーション

バッファローは、同社が販売するセキュリティ機能を備えたUSBメモリのラインナップを強化した。

同社が販売する暗号化機能を備えたUSBメモリ製品へ大容量モデルを追加したもの。セキュリティポリシーを設定できるソフトウェア「SecureLock Manager」により集中管理を実現した法人向け製品では、ウイルス機能を備えた「RUF2-HSC32GUW」、備えていない「RUF2-HSC32GW」を発売。いずれも32Gバイトの大容量を実現した。

またウイルス機能を備えたモデルには16Gバイトの「RUF2-HSC16GUW」を用意しており、これら製品については、7月中旬より販売を開始する。

一方、集中管理ソフトへ対応していない暗号化メモリについても、ウイルス対策機能付きとなる「RUF2-HSCL-U16G」と暗号化機能のみの「RUF2-HSCL-16G」と、いずれも16Gバイトモデルを追加した。7月下旬に発売を予定している。

バッファロー
http://buffalo.jp/

(Security NEXT - 2009/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず