Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社内外のクライアントPCを一括管理するSaaS型サービス - KDDI

KDDIは、クライアントPCを一元管理する法人向けSaaSサービス「PCリモート管理サービス」を、8月24日より提供開始する。

同サービスは、社内外のクライアントPCから資産情報と操作ログ情報を自動的に収集してレポートを作成できるSaaS型サービス。「PC資産管理」と「PC操作ログ」の2メニューが用意されている。

「PC資産管理」では、クライアントPCのハードウェア情報やインストールされたソフトウェア情報のほか、ウイルス対策ソフトの更新状況やファイル共有ソフトの自動削除状況などセキュリティ対策情報を自動収集し、管理者用のウェブレポートを作成する。

「PC操作ログ」では、ファイルの編集や外部記憶媒体へのコピー、印刷に関するログや、アプリケーションおよびエージェントの起動、PCの利用時間、ウェブサイトへのアクセスなど、各種操作ログを自動収集してレポートを作成する。

月額利用料は、各メニューPC1台あたり525円。2メニューのセット料金が735円。サービス設定工事費が別途必要となる。

(Security NEXT - 2009/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも