Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Video ActiveXコントロール」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃も

「Microsoft Video ActiveXコントロール」に脆弱性が存在し、ゼロデイ攻撃が発生していることがわかった。マイクロソフトでは更新プログラムの準備を進めており、回避策をアドバイザリで紹介している。

「Internet Explorer」利用時に影響を受け、不正なコンテンツを配信するウェブサイトへアクセスするなど脆弱性に対して攻撃が行われた場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。マイクロソフトでは脆弱性の悪用を確認しているという。

影響を受けるのは、「Windows XP SP2」以降や「Windows Server 2003 SP2」で、「Windows Vista」や「Windows Server 2008」は影響を受けない。同社では更新プログラムの開発を進めており、準備ができ次第公開を予定している。

同社では、攻撃の回避策として「Microsoft Video ActiveX コントロール」を無効にするよう呼びかけており、手動による設定方法だけでなく、自動で修正できるプログラム「Microsoft Fix it 50287」をサイト上で提供している。

Microsoft Video ActiveXコントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://support.microsoft.com/kb/972890

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響