Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「山形ファンクラブ」メールマガジンで配信ミス - 氏名やメルアドが流出

山形県観光物産協会が事務局を務める「山形ファンクラブ」において、メールマガジンの配信ミスが発生し、メールアドレスが流出する事故が発生したことがわかった。

事故が発生したのは、6月22日に配信された「山形ファンクラブ第1号」。メールアドレスを宛先に設定したことから、535人分の氏名やメールアドレスが他受信者から確認できる状態となったという。

同ファンクラブ事務局では誤送信の判明後、受信者に対してメールの削除を依頼。メールマガジンを再送信している。

(Security NEXT - 2009/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
会員約24万件のアカウント情報が外部データと一致 - プレミアム・アウトレット
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
「プレミアム・アウトレット」の一部メルマガ会員情報が流出か - 使い回しパスワードに注意を
講演会案内メールで誤送信、メアド流出 - 日本科学技術連盟
市健診サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 尼崎市
市民公開講座の案内メールで誤送信 - 東海高中校
委託先がメルマガ誤送信、顧客のメアド流出 - 阪神電鉄