Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「結人」「束人」に「Active Directory」との同期を実現するオプション

インテックは、同社が提供しているID管理ソリューション「結人」「束人」の最新バージョンを7月13日より提供開始する。

「結人」は、異なる種類のディレクトリシステムにおいてデータ同期を行うことができるシステム。一方「束人」では、承認ワークフローの定義や証跡確認、ID情報におけるライフサイクルの管理を実現している。

最新版となる「同1.3」では、オプションとして提供する「Password Agent」機能により「Active Directory」との同期を実現。

「Active Directory」のドメインコントローラーに「Password Agent」をインストールすることにより、「Active Directory」に接続されたユーザーのパスワード情報を「結人」「束人」に取り込むことができるようになった。

(Security NEXT - 2009/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を