Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「結人」「束人」に「Active Directory」との同期を実現するオプション

インテックは、同社が提供しているID管理ソリューション「結人」「束人」の最新バージョンを7月13日より提供開始する。

「結人」は、異なる種類のディレクトリシステムにおいてデータ同期を行うことができるシステム。一方「束人」では、承認ワークフローの定義や証跡確認、ID情報におけるライフサイクルの管理を実現している。

最新版となる「同1.3」では、オプションとして提供する「Password Agent」機能により「Active Directory」との同期を実現。

「Active Directory」のドメインコントローラーに「Password Agent」をインストールすることにより、「Active Directory」に接続されたユーザーのパスワード情報を「結人」「束人」に取り込むことができるようになった。

(Security NEXT - 2009/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業