Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJ証券、業務改善報告書を提出 - 社内処分を実施

元従業員により個人情報が持ち出され、名簿業者などへ流出し、行政処分を受けた三菱UFJ証券は、金融庁へ業務改善報告書を提出した。

業務改善報告書では、事件の推移や発覚後の対応について説明。再発防止策ととしては、システムリスク評価やセキュリティガバナンス、監査体制の強化といった経営管理体制の改善を実施する。

さらに部門間でけん制が働く状態を確保するほか、外部委託先などにおける運用手続きの検証や実効性の確保、教育や研修の実施といった人事管理体制の改善など盛り込んだ。

また同社では責任の所在を明確にするとして関係者の社内処分を実施し、役員報酬のカットを実施。引き続き捜査への協力や二次被害の防止など対策を進める。

(Security NEXT - 2009/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
個人情報の不正使用で職員を懲戒処分 - 富里市
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで