Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJ証券、業務改善報告書を提出 - 社内処分を実施

元従業員により個人情報が持ち出され、名簿業者などへ流出し、行政処分を受けた三菱UFJ証券は、金融庁へ業務改善報告書を提出した。

業務改善報告書では、事件の推移や発覚後の対応について説明。再発防止策ととしては、システムリスク評価やセキュリティガバナンス、監査体制の強化といった経営管理体制の改善を実施する。

さらに部門間でけん制が働く状態を確保するほか、外部委託先などにおける運用手続きの検証や実効性の確保、教育や研修の実施といった人事管理体制の改善など盛り込んだ。

また同社では責任の所在を明確にするとして関係者の社内処分を実施し、役員報酬のカットを実施。引き続き捜査への協力や二次被害の防止など対策を進める。

(Security NEXT - 2009/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務で入手した個人情報で電話した職員を処分 - 郡山市
取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
顧客情報含む帳票を紛失、棚ごと誤廃棄か - ウエルシア薬局
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託