Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市で統計調査の事業所名簿の紛失が複数発生 - 飛散や盗難で

大阪市において、統計調査員が担当区内の事業所名簿を紛失する事故が複数発生したことがわかった。

所在が不明になっているのは、総務省が全国の自治体を通じて企業および事業所を対象に実施している「経済センサス-基礎調査」の調査区内事業所名簿。事業所の名称、所在地、電話番号、経営組織、などが記載されている。

同市によれば、6月25日17時ごろ、平野区を担当している調査員が自転車で移動中に名簿が飛散し、8事業所分を紛失。また同月27日には、旭区の調査員が調査活動中に4事業所分の名簿を紛失したことが判明した。

さらに同月30日11時ごろ、調査活動中の調査員がひったくりに遭い、自転車のかごから鞄が持ち去られた。なかには76事業所分の情報が記載された名簿が入っていたという。いずれも対象となる事業所に対し、市の職員が説明と謝罪を行った。同市では19日にも同様の紛失事故が発生しており、再発防止を指示していた。

(Security NEXT - 2009/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD