Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市で統計調査の事業所名簿の紛失が複数発生 - 飛散や盗難で

大阪市において、統計調査員が担当区内の事業所名簿を紛失する事故が複数発生したことがわかった。

所在が不明になっているのは、総務省が全国の自治体を通じて企業および事業所を対象に実施している「経済センサス-基礎調査」の調査区内事業所名簿。事業所の名称、所在地、電話番号、経営組織、などが記載されている。

同市によれば、6月25日17時ごろ、平野区を担当している調査員が自転車で移動中に名簿が飛散し、8事業所分を紛失。また同月27日には、旭区の調査員が調査活動中に4事業所分の名簿を紛失したことが判明した。

さらに同月30日11時ごろ、調査活動中の調査員がひったくりに遭い、自転車のかごから鞄が持ち去られた。なかには76事業所分の情報が記載された名簿が入っていたという。いずれも対象となる事業所に対し、市の職員が説明と謝罪を行った。同市では19日にも同様の紛失事故が発生しており、再発防止を指示していた。

(Security NEXT - 2009/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる