Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市で統計調査の事業所名簿の紛失が複数発生 - 飛散や盗難で

大阪市において、統計調査員が担当区内の事業所名簿を紛失する事故が複数発生したことがわかった。

所在が不明になっているのは、総務省が全国の自治体を通じて企業および事業所を対象に実施している「経済センサス-基礎調査」の調査区内事業所名簿。事業所の名称、所在地、電話番号、経営組織、などが記載されている。

同市によれば、6月25日17時ごろ、平野区を担当している調査員が自転車で移動中に名簿が飛散し、8事業所分を紛失。また同月27日には、旭区の調査員が調査活動中に4事業所分の名簿を紛失したことが判明した。

さらに同月30日11時ごろ、調査活動中の調査員がひったくりに遭い、自転車のかごから鞄が持ち去られた。なかには76事業所分の情報が記載された名簿が入っていたという。いずれも対象となる事業所に対し、市の職員が説明と謝罪を行った。同市では19日にも同様の紛失事故が発生しており、再発防止を指示していた。

(Security NEXT - 2009/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市