Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、開発者向けに「セキュアデザインパターン報告書」 - コスト削減や脆弱性低減を支援

JPCERTコーディネーションセンターは、ソフトウェア設計の工程において脆弱性を低減させるための「セキュアデザインパターン」の報告書を公開した。

同報告書は、アーキテクチャや設計、実装などソフトウェアの開発工程に携わるエンジニアを対象としたもので、設計段階で脆弱性の発生を低減させる「セキュアデザインパターン」について解説したもの。生産コストの削減や脆弱性といったリスクの低減に活用できる。

実績あるベストプラクティスを分析して一般化したほか、さらに新しいセキュアデザインパターンの候補も用意。ソフトウェア開発におけるアーキテクチャ設計、詳細設計、実装フェーズに対応しており、一般的な解決策やテンプレートを示した。

(Security NEXT - 2009/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
中小企業向けにウェブアプリ診断サービス - セキュアイノベーション
国内防衛産業を標的としたサイバー攻撃 - サンドボックスの突破技術など搭載
総務省、AIネットワーク化に関する報告書を公開
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート
岩手県内2労基署で個人情報含む文書を紛失