Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種マルウェアは減少傾向、一方で「Gumblar」の類似攻撃も - G Dataまとめ

G Data Softwareは、同社研究機関が観測した6月マルウェア動向について取りまとめた。

同社では新種ウイルスの増加に懸念を示していたが、3月の11万3046件をピークに減少傾向が続いており、6月は5月の9万1691件を下回る8万3072件だった。ただし、年間100万件超となる可能性も否定できず、同社では注意を呼びかけている。

またウェブ経由で脆弱性を攻撃して感染を広げ、一部ユーザーからは「GEMOウイルス」などとも呼ばれている「Gumblar」、別名「JSRedir-R」と同様の手口で攻撃する「Buzus」が発生しており、予断を許さない状況が続いている。

同ウイルスは、改ざんされたサイトやメールの添付ファイルを利用して脆弱性を攻撃する手法を取り、キーロガーなどを呼び込むトロイの木馬型。クレジットカードといった情報だけでなく、FTPアカウントを盗聴する。

(Security NEXT - 2009/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」