Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル単位のリカバリに対応したHDD暗号化製品最新版 - 日本セーフネットら

日本セーフネットとアイル・オープンソースは、Windows向けハードディスク暗号化ソフトの最新版「ProtectDrive 9」と「ProtectDrive for Servers 9」を発売した。

「ProtectDrive」は、クライアントPC向けのハードディスク暗号化ソフト。内蔵ディスクのほか、USBメモリやUSB接続の外付けハードディスクの暗号化にも対応している。

一方サーバ向け製品の「ProtectDrive for Servers」では、ハードウェアRAIDの暗号化に対応。1台ごとにインストールや設定ができるほか、大規模組織向けにActiveDirectoryを使った設定配信オプションも用意されている。

最新版では、Windows PEを使ったファイルリカバリ機能を搭載。暗号化状態のディスクから、ファイル単位でのデータ抜き出しが可能になった。またWindows起動前の認証において、従来のパスワードやデバイスによる認証のほか、指紋認証をはじめとする生体認証がサポートした。

価格は1ライセンスあたり「ProtectDrive」が1万9950円。「ProtectDrive for Servers」が12万6000円。

(Security NEXT - 2009/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供