Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みずほ情報総研、グループ会社全体のセキュリティ向上を支援

みずほ情報総研は、企業グループ全体のセキュリティ向上を支援する新サービスを7月より提供する。

「情報セキュリティガバナンス構築支援サービス」は、子会社や関連会社など含めた企業グループ全体のセキュリティ対策レベルを向上させるサービス。

セキュリティレベルの診断や改善策の検討、モニタリングなど、人的対策や技術的対策、物理的対策など情報セキュリティガバナンスフレームワークの運用を支援する。

みずほグループ全体におけるセキュリティマネジメントの運用や、企業や官公庁向けに展開してきたコンサルティングサービスのノウハウや東北電力グループ30社へ提供したセキュリティ対策サービスの成果をサービスメニュー化した。

(Security NEXT - 2009/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増