Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みずほ情報総研、グループ会社全体のセキュリティ向上を支援

みずほ情報総研は、企業グループ全体のセキュリティ向上を支援する新サービスを7月より提供する。

「情報セキュリティガバナンス構築支援サービス」は、子会社や関連会社など含めた企業グループ全体のセキュリティ対策レベルを向上させるサービス。

セキュリティレベルの診断や改善策の検討、モニタリングなど、人的対策や技術的対策、物理的対策など情報セキュリティガバナンスフレームワークの運用を支援する。

みずほグループ全体におけるセキュリティマネジメントの運用や、企業や官公庁向けに展開してきたコンサルティングサービスのノウハウや東北電力グループ30社へ提供したセキュリティ対策サービスの成果をサービスメニュー化した。

(Security NEXT - 2009/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
「情報処理安全確保支援士」に2206人が新規登録 - 経過措置対象者が6割強
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加