Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みずほ情報総研、グループ会社全体のセキュリティ向上を支援

みずほ情報総研は、企業グループ全体のセキュリティ向上を支援する新サービスを7月より提供する。

「情報セキュリティガバナンス構築支援サービス」は、子会社や関連会社など含めた企業グループ全体のセキュリティ対策レベルを向上させるサービス。

セキュリティレベルの診断や改善策の検討、モニタリングなど、人的対策や技術的対策、物理的対策など情報セキュリティガバナンスフレームワークの運用を支援する。

みずほグループ全体におけるセキュリティマネジメントの運用や、企業や官公庁向けに展開してきたコンサルティングサービスのノウハウや東北電力グループ30社へ提供したセキュリティ対策サービスの成果をサービスメニュー化した。

(Security NEXT - 2009/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
厚労省と年金機構、年金情報流出問題の対策状況を取りまとめ
国内IoT向けITサービス市場への支出額、2021年は6670億円に - 平均成長率64.8%
JASA、情報処理安全確保支援士向けに資格コース - 監査人補を取得しやすく
KPMG、グローバル対応のセキュリティアセスメントサービス
2016年の国内IoT市場規模は5兆円超 - 2021年には倍以上に