Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、(ISC)2と「SSCP」の総代理店契約を締結

ラックは、セキュリティ実務担当者向け認定資格「SSCP」を提供する米(ISC)2と総代理店契約を締結したと発表した。

同資格は、経営陣や情報セキュリティ専門家とコミュニケーションが必要となる組織内の情報セキュリティ実務担当者向け認証資格。ベンダーフリーで(ISC)2が認定しており、ワールドワイドで実施されている。

初回の認定試験は9月13日で、以降は毎月実施される予定。同社と(ISC)2では、3年間で3000人の認定を目指している。また同社では、今回の代理店契約を機に、同資格を取得するための公式セミナーを8月より隔月で開催していく。

(Security NEXT - 2009/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
情報処理安全確保支援士の合格率は16.3% - 平均年齢36.5歳
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
個人情報含む書類を別人に送付、作業ミスで - 岩国市
「情報処理安全確保支援士」の初回登録者、平均年齢は40.5歳 - 10代が4人
JASA、情報処理安全確保支援士向けに資格コース - 監査人補を取得しやすく
「情報セキュリティ先進県」目指す大分県がIPAと協定 - 目標は今後5年間で登録セキスペ100人輩出
情報処理安全確保支援士試験、初回応募者2.5万人 - 前回SC試験から2割減